スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皿ビスがないなら、普通のビスを加工すればいいじゃない

藤原エンヂニアリング工場長です!


今日は久々のミニ四駆小ネタです。


ミニヨンレーサーなら一度は頭を悩ませるであろう「皿ビス」


何故「皿ビス」が必要とされるのか?



IMG_3701.jpg

タミヤミニ四駆公式競技会規則に

「コースや手を傷つけるような形は認められない」
となっている部分があります。

通常ビスをそのまま使うと、プレートの下にビス頭が乗る形になるので、
アンダープレート等シャーシ下部にビスを使うと、

ビス頭が出っ張る→コースに傷をつけかねない形状

となってしまいます。


で、それの解消方法としての一番手っ取り早い方法が皿ビスを使う方法なのですが
(通常ビスをそのまま使う方法でもプレートに厚みを持たせて頭を出ないようにする方法もあります)

皿ビスって…グレードアップパーツ等の通常販売がなされていません…

で、過去に限定販売されたミニ四駆VSシャーシEvo.1ミニ四駆スーパーXXシャーシ Evo.1
同梱されている皿ビスを使う方法しかありませんでした。


…公にはですが。


裏では、タミヤ以外から販売されている皿ビスを使う方法が広まっていましたが…
(ビスに関しては同等のものであれば大丈夫、というウワサもありましたが定かではありません)
近頃、公式競技会の車検で「社外の皿ビス禁止!」と弾かれてしまうそうです。


まあ、当たり前といえば当たり前なんですが。


「え~、皿ビスがなかったらコースに傷をつけないように
マシン加工するにはどうしたらいいの?」


とお嘆きのあなたに、今日の本題!


「皿ビスがなかったら、
普通のビスを加工すればいいじゃない」 



簡単に言うと、通常ビスの頭を削って皿ビスみたいにすればプレートに収められるよ~という話。



まずは、リューターに通常のビスをかませます。

IMG_3696.jpg
んで、この位置にダイヤモンドヤスリをあてがい、ぎゅいーん!!



ってやります。


このときの注意!


ネジ部は絶対に削らない事!あくまで頭部分だけ削る事!
(ビス頭下の首部分を削ったりしてしまうと、その部分で折れてしまう場合があります)


加工後
IMG_3697.jpg
こんな具合になります。


で、プレートに適当にザグリをいれて~
IMG_3698.jpg


さっき加工したビスを入れると~
IMG_3699.jpg
わぁ~い!!ビス頭がプレートに隠れるぞ~!!


…でもまあ。

加工が必要だし、ジュニアには厳しいし。

タミヤさん、皿ビス通常販売できないっすかね~?


※追記
ビスの頭を削るという方法もあるのですが、
ビスがナメ易くなり最悪の場合ドライバーで外せなくなりますので
ウチではオススメしません。



ランキングに参加してます。応援してくれたらモチベあがって更新頻度が多くなる!  かもしれないw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

工場長

ひで

Author:ひで
ユニット式トレサスのオプティマス・プライムを相棒に戦う
三十路のミニヨンレーサーです。

ご意見・ご要望がありましたら
fujiwara_eng@yahoo.co.jp まで!

新しい報告書
目安箱
月別
書いてること
見た人
ブロとも一覧
お仲間
友達になってくれるかい?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。