スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サスマシン トレサスの作り方 その1

サスマシンについての記事書き始めたら、アクセス数が増えてびっくりw

頑張って書きたいと思います。


ここで説明するのは「ユニット式トレサス」というサスマシンの作り方についてですが、
とりあえず基本形(自分が最初に作ったバージョン)を説明します。


では、はじめます。


まずはセンターユニットを作りましょう。

準備するのはMSシャーシのセンターを一つ。
今回は軽量センターを使います。

いきなりですが、出来上がり画像。
DSC_0321
DSC_0321 posted by (C)hide
ずいぶんスッキリしますね~w

フロント
DSC_0323
DSC_0323 posted by (C)hide

リア
DSC_0322
DSC_0322 posted by (C)hide

ちなみにコレは一番最初に作ったやつです。

大体こんな感じにざっくり切りましょう。
くれぐれも手は切らないように。


ただ、重要なのがココと、
DSC_0313
DSC_0313 posted by (C)hide

この部分。
DSC_0314
DSC_0314 posted by (C)hide
カウンターギアの軸受部分です。
既設のギアシャフト軸受部分には傷を付けないように慎重に。
外側は軸受け部分より若干大きくなるくらいに削ります。

ココの出来で性能が大きく変わりますので慎重に作業しましょう。



次はアンダープレートです。

DSC_0319
DSC_0319 posted by (C)hide
左側がフロントになります。



作り方。

DSC_0317
DSC_0317 posted by (C)hide


直FRPプレート2枚を重ねるのですが、写真の穴の位置で合わせます。

DSC_0318
DSC_0318 posted by (C)hide

こんな感じに。
接着面の処理を忘れずに。サンドペーパー等でかるく傷つけましょう。
ビスで合わせたらナットで押さえ、サイドから瞬着を流し込みます。


コレを2セット作りましょう。

次に六角マウント(10mm)を取り付けます。
DSC_0324
DSC_0324 posted by (C)hide
位置的にはこの穴で。

写真ではリア側に2枚のプレートをつなぐFRPがついてますが、この時点ではまだありません。
フロント側は・・・六角マウントの在庫がなかったんです。付いていると仮定してください。



そしたら、先ほど作ったセンターシャーシと合わせましょう。
うまくハマらない場合はセンターシャーシの干渉する部分を削りましょう。

DSC_0325
DSC_0325 posted by (C)hide
で、ビス留め。

これを4箇所やります。
4箇所を少しずつバランスよく締めこんでいきましょう。

それができたら、直FRPを使い左右のプレートをつなげます。写真のように。
ここまで作ったアンダープレートで、FRPが一枚になってる部分が4箇所あります。
フロント2、リア2。
ここも直FRPを切ってうまく張ってください。


DSC_0320
DSC_0320 posted by (C)hide

汚い画像ですが、コレ裏側です。
4スミの穴と、先ほど6角マウントを取り付けた穴。
ここにビスをいれるので、ビス頭が隠れるよううまく削りましょう。
皿ビス使う方は皿加工します。



これでアンダープレート、センターシャーシは出来上がりです。


次はアームの製作にとりかかります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

工場長

ひで

Author:ひで
ユニット式トレサスのオプティマス・プライムを相棒に戦う
三十路のミニヨンレーサーです。

ご意見・ご要望がありましたら
fujiwara_eng@yahoo.co.jp まで!

新しい報告書
目安箱
月別
書いてること
見た人
ブロとも一覧
お仲間
友達になってくれるかい?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。