スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提灯型マスダンパーの効果

3記事目、連続でいくよ。
今夜は大サービス!!

ってか、ミニ四駆の記事書いてなかったからね。



「提灯」

さてこのパーツ、皆さんはどのような役割を果たすものだと思ってます。

「ジャンプ後の着地姿勢を安定させるため」
「着地の衝撃を緩和するため」

と理解してる方々が大半だと思います。



提灯やマスダンパーを装着したマシンを、
高いところから「ガッシャン ガッシャン」叩きつけてる光景みたことあります?
もしくはしたことあります?

中には結構高い位置から叩きつけてピタッと着地する様を
「どうよ?(ドヤァ)」してる方もいらっしゃいますが・・・


そんな高い位置から着地するシチュエーション(レース)ってないですよ・・・
そもそも、そんな高い位置から落ちて、見事コースイン!ってなかなか・・・

まあ、公式ではナイアガラver1とかありましたが・・・



「提灯」の本懐って「マシンを高く浮き上がらせない」だと自分は思うんです。


そんな疑問に辿り着いたのは、3レーンTTで吸い付くように走るマシンを見たのと、
自己流「提灯型マスダンパー」を取り付けた自分のマシンが
必要以上に高く飛んだ過去の経験からでした。


そこで去年、提灯テストマシンを作って試してみました。


結果は・・・自分の予想どおりでした。


問題だったのは「提灯の開度」



必要以上に高く飛んでしまったのは、提灯の開度が大きかったからなんです。

着地の衝撃和らげる為には開度大きいほうがいいんじゃ?って思ってましたから。


たしかに衝撃吸収効果は抜群です。


しかし・・・


速く走らせるんなら、できるだけ飛ばないほうがいいですよね?
低く飛ぶんなら、衝撃吸収効果が大きくなくてもいいですよね?



では、何故「開度が大きいと高く飛んでしまうのか?」

マシンが浮く→提灯開く→提灯が上に開くことにより↑への力が働く→マシン引っ張られる→高く飛ぶ

なんじゃないか?と思ったんです。


じゃあ、「低く飛ばすにはどうしたら?」

マシンが浮く→提灯開く→が、開度が小さい為すぐ閉じる→提灯がマシン叩く→マシン落ちる

となるわけです。


わかりやすくいえば「ハエタタキ」でしょうかね。




動画でも撮って検証すればもっとわかりやすいんでしょうが・・・

そんな暇がないのでごめんなさい。



提灯を取り付ける際、開度も調整できるように考えて取り付けてみてください。

ほんのちょっとの調整でスロープでの挙動が変わりますから。


お試しあれ。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです(^_^;)

ご無沙汰してましたm(__)m


今回の記事を見てて思い付いたんですけど飛んでいるマシンを提灯の反動で半強制的に落とすことって出来ないですかね?
提灯の稼働部を弄くれば何となくできそうな気がするんですよね…
少し考えを煮詰めてみます。

アルティさん

コメントありがとうございます&遅くなりまして申し訳ありません。

>飛んでいるマシンを提灯の反動で半強制的に落とすことって出来ないですかね?
あ、自分の記事にしたことってソレですよ。

んで、更新サボってた間にそれを進化させたものを考えてました。
完成次第記事にしますよ。
工場長

ひで

Author:ひで
ユニット式トレサスのオプティマス・プライムを相棒に戦う
三十路のミニヨンレーサーです。

ご意見・ご要望がありましたら
fujiwara_eng@yahoo.co.jp まで!

新しい報告書
目安箱
月別
書いてること
見た人
ブロとも一覧
お仲間
友達になってくれるかい?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。