スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニット式トレサス サスアームを作ろう!

ちゃんと前の記事読んできましたか?

まだの人はちょっと目を通してみてもいいよ。
そんでポチしてない人は・・・

人気ブログランキングへ


準備はいいですか?


では始めましょう。
作るための材料はココに書いてます。手抜きとか言うんじゃないw

まずはアームの切り出し。

・・・ボヤけてるけど気にしないで。

上が加工品。下が加工前。
1がフロント側の穴
2が車軸になる穴
3がカウンター軸穴


次に車軸穴にベアリング受け部を取り付けます。
ベア受け部はMSシャーシのN-01,02 T-01から切り出します。
04ユニットの軸部分を使う方、もしくは使ったほうがいいと説明する方いらっしゃいますが、
04ユニットの軸部分の背面(接着面)はナナメになっています。
技術に自信がある人はうまく出来るでしょうが、01,02ユニットから切り出したほうが間違いないです。
オイラは04ユニットはおススメしません。

着け方ですが、これは完全に目視!
治具使ったほうが・・・と思うかもしれませんが、目視のほうが確実だったりします。


CAM00417.jpg

・・・色も違うけど気にするな。
今回の説明のために新規に作ってません。
過去の画像とかをひっぱりだしたり、ジャンクパーツから漁ってきたためにこうなっております。

画像は接着して、FRPプレート側の穴を広げてます。
貼り付けたベア受けの穴(小さいほう)に合わせて広げましょう。


あ、そうそう。
この車軸部分。FRPの穴を広げて520ベアリングを埋め込む人もいます。
これは熟練者でないと難しいです。慣れない人はやっちゃいけません。確実に精度の悪いものができます。



次は左右のアームをつなげます。
CAM00418.jpg

画像はMAシャーシサイズ。
ナット1つにロングナット(2種類ありますが長いほう)を写真のように取り付けます。
MSシャーシサイズはロングナットだけでよいです。


左右のアームの位置がズレてないか確かめるために、
CAM00419.jpg

620ベアリングをはめてシャフトを通してみましょう。
スムーズに入りますか?
回してみてスムーズに回りますか?
ナット部は平行になってますか?
簡単に調整する方法として、画像のアームの青ナットの上あたりの部分。
平らになってますよね?
そこを平らな部分に押し付けつつ、ビス調整するといいでしょう。




調整がうまくできたら、左右のアームをFRPプレートでくっつけて固定します。

CAM00421.jpg

直プレートの真ん中部分を使います。


このようになります。
CAM00423.jpg

プレートは裏の部分からFRPの粉を使い、がっちり固定しましょう。
ちなみにベア受けの上の部分。ココは要りません。ここまでできたら削っても構いません。



次はカウンター軸です。

ここも色々方法がありますが、ビスやローラー用の両ねじを使う方いらっしゃいますが、NGです。
細すぎるんです。ビスはギザギザでFRPの軸穴が削れてしまうので問題外です。

私がおススメするのはモーターピン。
太さがいいんです。軸穴にちょっときついぐらいで入るのでガタが出ません。
が、若干太いためカウンターギアや520ベア(ギアに仕込むやつ)がきつくてスムーズに回りません。


そこで・・・
CAM00426.jpg
このようにリューターを使い、ギアが入る部分を削ります。
ペーパーで削れるの?と思うかもしれませんが、コレでうまく加工できるんですよ。
ギアとベアリングがスムーズに通るくらいにしましょう。やりすぎないように。


ここまで出来たらモーターピンを切断します。
リューターではなく、ペンチで切りましょう。
普通にホームセンターで売ってるペンチとかで切断できます。
切断面は尖った部分だけ軽く削ります。丁寧にやらないでください。
切断面がストッパーになるんです。


129569090.jpg


あとは画像のように組み立てましょう。
モーターピン切断面の反対側は適当なものでストッパーを作ります。
大きいのはだめです。
おススメは「タミヤ 15399 GP.399 MSシャーシ マルチブレーキセット」に入っている小さいゴムチューブ。
なければモーターピンについてる金色のワッシャー?も使えます。


これを最低2個作ります。
なぜ最低2個?って思いますよね。

これが「ユニット式トレサス」

今回説明したのが「ギアユニットの作り方」
これをギア比ごとに作っておくことにより、セッティング変更時は丸ごと交換可能!



応用編として
CAM00427.jpg

カーボンアーム。


さらにナナメ上いくと・・・
107170236.jpg


ボールデフギアユニット。
・・・まあ、レースでは無意味ですがねw



古い画像やわかりづらい部分ありますが、以上が「ユニット式トレサス」のサスアーム(ギアユニット)の作り方です。

わからないとこあれば、コメント欄で受け付けます。
遠慮なく聞いてください。
見づらいから修正しろ!とかの苦情は受け付けませんw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久し振りです!

以前自分でサスマシン作ったときはアーム部をアルミワイドステーで作ったんですが確かに歪み易かったのを覚えてます。

それに軸受けの加工が本当に大変で…(-_-;)
持ってたMSシャーシの予備を全部使い果たした記憶もありますね(^_^;)

結局スラストの調整がうまくできなくてお蔵入りしてしまいましたけどorz

Re: タイトルなし

アルティさんお久しぶり!
最近はにしなに行ってました?自分はさっぱりです・・・

軸受けの加工って、カウンター軸の穴ですかね?
MSに関しては古い記事に書いてありますが、MAはこれから書きますよ。
よかったら見てやってください。

最近は全然行ってないですね…そもそもここ1ヶ月ちょっとマシンにすら触ってないですね…(-_-;)


そうです。カウンター軸です!
楽しみにしてます(^-^)

Re: タイトルなし

MAシャーシバージョンの作り方もアップしました。
注意点をよく読みもう一度チャレンジしてみてください!
MSでやる場合も注意点は同じですので。

ちなみにMAのほうが作りやすかったですよ。

MAサスで検索をしていたら辿り着きました。
一通り記事を拝見しましたが
分かりやすいですね。
参考にさせていただきます。

そこで質問なのですが
FRPは一枚で強度の方は大丈夫なのでしょうか?

Re: タイトルなし

T.Kさんコメントありがとうございます。

サスアームのFRPの強度ですね。
一枚で問題ないです。折れたりしたことは一度もありません。
ただ、左右のアームをつなぐFRP、あそこだけはガッチリ接着してください。
普通に接着したあと、FRPの粉などを使って隅の部分を補強するとよいです。
他に注意するところはカウンター軸の穴ですかね?
ビス等を使った場合、FRPが削れてしまうので要注意です。
ブログで説明したとおり、モーターピンを使ってください。
要は軸穴とカウンターシャフトのガタが出ないように、回らないようにすればいいです。

先程MSの軸受けN-01も背面がナナメになってましたσ(^_^;)

T.Kさん

> 先程MSの軸受けN-01も背面がナナメになってましたσ(^_^;)
え??
ウソ???

オイラが確認したとこではナナメになってなかったような・・・
型番とかでも違うんですかね??
工場長

ひで

Author:ひで
ユニット式トレサスのオプティマス・プライムを相棒に戦う
三十路のミニヨンレーサーです。

ご意見・ご要望がありましたら
fujiwara_eng@yahoo.co.jp まで!

新しい報告書
目安箱
月別
書いてること
見た人
ブロとも一覧
お仲間
友達になってくれるかい?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。