スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コペン



これ。


言ってませんでしたが、当たってました。


んで。


先日届いてました。


んが。


自分、ワイルドマシン専門だったりするので使い道なかったり・・・
タダで貰える!っていうのでチャレンジしたら2回で当たりました。アド2個もってたからね。
あ、シート部分は欲しいかな?
それに「積み四駆」とか「オクでころがす」とかもするつもりないので、どうすっかな?と思ってたら・・・



ボディだけ息子達の手に渡りましたw

丁度2種類ボディがついてきたから、良かったw
スポンサーサイト

オプティマス MAトレサスver完成!

って、ジャパンカップ最終戦前に完成してたんすが・・・

たまにはこういう記事ないとつまらないですよね。





マシン名:オプティマス・プライム
シャーシ:MA改ユニット式トレサス


ボディですが、ワイルドミニ四駆の「ブルヘッドjr」をベースに
ノーマルより若干低く作り直してます。
ノーマルですと、どうしても重心が高くなってしまいます。
もっと低くする事も可能ですが(以前作りました)、これ以上低くすると「ワイルドらしさ」が無くなっちゃうんですよ。
それこそ、「フルカウルマシン」みたいになってしまいます。「ワイルドボディ」の意味ないかなあ・・・って。


ボディ取り付け方法ですが、私の取付方といえばコレですが、今回は無理でした・・・



なのでシンプルに。





バッテリーホルダーに固定しました。



サイドから。



サイドのカーボンステーはただのサイドガードです。
マスダン取り付け部ではありません。


リア。



リアバンパー。
ちょっと特殊な「自作スライドダンパー?」です。
というか、スライドしませんが、スラダンと同じ効果あります。
これについては後ほど。

オイルダンパーについてはココで紹介したとおりです。


上から。





中身。



リアだけトレサス。
今回は必要ないかな?と思ってフロントはサスにしてません。
暇があればフロントも色々加工してみたいなあ・・・とは思ってます。



そうそう。
MAシャーシをトレサス化にするやり方は以前書きましたが、肝心なこと。



サスユニット仕込む為に画像のように加工するんですが、当然強度が落ちますよね?


んで、自分は↓のように裏から補強

をしました。
ビスで止める部分はわかると思いますが、前方の接着部分。
接着だけだと不安ですし、かといってビス仕込むと邪魔なんですよね~

なので自分は「2mm中空シャフト」を仕込みました。
「リベット留め」という方法です。(自己流)
たったこれだけですが、強度は全然違いますよ。重量も微々たるもんですし、オススメ!


あとは以前説明してませんでしたが、ココも。


見づらいかなあ・・・
丁度中央部分にL字に切り出したカーボン貼ってます。

これらの強化方法が軽くて丈夫にできると思います。
それにちょっとカッコいいですよw(自画自賛)



マシンネタ書いてるほうが楽しいね♪


ランキングに協力お願いします!!

人気ブログランキングへ








自分の主張をまとめてみる。

「藤原エンヂニアリング」

言い方や内容のせいで直接関係のない方々にご迷惑をおかけしてます。

大変申し訳ありません。


自分のミニ四駆に対する意見は今まで何度か記事にしてきましたが、
もう一度、自分が何を言いたいのかを記事にすることにしました。

※以下はあくまで公式大会での感想であり、
  店舗、個人等の大会とは全く異なります。

現在、私が問題にしているのは「親父マシン」

ただ、親子で楽しむための「親父マシン」は悪くないと思っています。
問題なのは「親父ガチマシン」

ジュニアクラスのレースで、大人の技術をそのまま盛り込んだマシンを
親が子供に持たせ(無理矢理な場合もあるそうです)、レースをする。

なにがいけないのか?と申しますと

1、タミヤのミニ四駆公認協議会規則に「競技車は選手が自分で組み立てたものに限ります。」
  これは「親父マシン」でも「親父ガチマシン」でもNGとなります。
  ただし、小さな子供であれば組み立てが難しい箇所があります。(ビス止め等の力がいる箇所)
  難しい箇所なら多少親の手伝いがあっても問題ないそうですが、
  「親父ガチマシン」のような電動工具でカーボン等を切削、みたいなことはNGだと思います。

2、不公平
  ジュニアクラスは子供がメインのレース。
  自分のお小遣いでパーツを買い、自分で創意工夫をし改造している子供達が多くいます。
  そんな中に空気の読めない「親父ガチマシン」がきたら冷めてしまいます。
  判りやすく言うと、「子供のレースに本気の大人が混じっている状態」になってしまう為です。

3、無理矢理やらされている(場合があるらしい)
  子供自身がそんなにレースに乗り気でないのに、親がミニ四駆のレースをしたいが為に
  自分の作ったマシンを子供に持たせレースをさせている、という事があるのを聞きました。
  そういう子が勝ち進んで表彰台に上っても本意じゃない為に嬉しそうにしてない、場合があるそうです。



以前も書きましたが、自分は子供の頃にミニ四駆に出会い、沢山楽しい思い出を頂きました。

なので、自分の中では「ミニ四駆はとても楽しい子供のおもちゃ」なんです。

「親父ガチマシン」は子供にとって楽しいでしょうか?

「今は明らかに大人のホビーなんじゃないか」と言う人もいます。
確かにミニ四駆の今のブームを見れば子供<大人です。
マシンやパーツも高く、お金も沢山かかります。
子供が真似できないような技術も沢山ありますし、当ブログで紹介する技術は明らかに大人の技術。

でもね。

自分は子供の頃から親しんでいる、楽しんでいるミニ四駆。
真剣にやってはいますが、心は子供の自分に戻って楽しんでいます。

大人が盛り上げるのは大変良いことですし、そうしなきゃならないでしょう。
ただ、子供達が楽しく遊び、活躍できる場を作れるのも大人です。
大人が楽しむために子供をないがしろにしてはいけないと思うんです。


私は。

子供の笑顔が大好きです。

自分の子供だけでなく、すべての子供の。

大人の都合で泣く子供の顔を見るのはとても悲しくなります。





私には夢があります。


世間では子供の虐待が毎日のようにニュースになっています。

今こうして書いている最中にも虐待され、泣いている子供が沢山いるでしょう。
考えるだけで涙が止まりません。
虐待だけではありません。
生活の困窮やさまざまな事件が世の中では起きています。

そういう事件をなくすことはできないのか?
子供達に、せめて人並みの生活をさせてあげることはできないのか?

現在、それを実現させるべく本気で考えています。

笑う人もいるでしょう。そんなことは無理だと。


でも。


黙って何もしないよりも、何か動くことによって助けられる子供もいるんじゃないか?と私は考えます。

なので、仕事、家族、勉強が先になってしまい、
ミニ四駆の活動がここ2年ほどまもとにできていません。
ほとんどレースに参加してない理由もそこにありました。




ほとんどレースに参加もしてない者が偉そうに言ってますが、

子供の頃から親しんできたミニ四駆。

その大好きなミニ四駆で悲しむ子供がいてはいけない。



私個人の勝手な解釈で皆様に迷惑をおかけしておりますが、

キツイ言葉を使い、他人の目を引き、ランキングに協力してくださいと言っているのも、

ミニ四駆に参加しているすべての人達に見てもらいたいから。理解してもらいたいからです。



「ミニ四駆は子供が楽しむためのおもちゃであり、
        子供が悲しむためのおもちゃではない」



私は今は100%ミニ四駆をすることができません。
ですが、自分の夢が実現し、またミニ四駆と50%でもいいから向き合える時がきたとき、
ミニ四駆で悲しむ子供が一人もいないことを願っています。





今回の記事を読み、信じていただけた方のみランキングに協力お願いいたします。


人気ブログランキングへ

  
  

当ブログは・・・

当ブログ「藤原エンヂニアリング」の記事について、

すべて私個人の考えであり、団体、店舗、リンクさせていただいている方々は一切関係ございません。

また、私個人の主張で色々な方々にご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。



そして、当ブログをご覧になっている方々へ。


ブログ記事に関しての質問、意見、要望などは他の方々ではなく、

ブログ内のコメント、下記に記載してある連絡用アドレスによろしくお願いいたします。
連絡用アドレス:fujiwara_eng@yahoo.co.jp

意味の無い誹謗中傷以外、すべてきちんとお答えいたします。

関係のない方々への苦情等はご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

たまご

当ブログはミニ四駆がメインなんで、ミニ四駆以外で盛り上がりすぎるのは不本意なんだよなあ・・・

だったら書くな!というツッコミありそうだけどw


さて。


ココで紹介した件、タミヤさんに上げるためのレポ書き頑張っております。

頑張れ~!って意味で応援ポチお願いします。

人気ブログランキングへ


んで、ミニ四駆ネタは・・・

メインマシンが完成状態で紹介してなかったから詳しく書きたいな、とか思ってるんですが
レポ書き上げるまでもうちょいお待ちください。



タイトルの「たまご」




全部双子のたまご。



以前なら「すげえ!!」って思ってたんですが、
双子のたまごって殻の状態で判別できるらしいんです。



我が家では2ヶ月くらい前からスーパーではなく、たまご屋さんに買いに行ってるのですが
先日買いに行ったら「ふたごのたまご」というので売ってました。パックで。
ここのたまご屋さん通うようになってから「ふたごのたまご」も知りましたし
「初たまご」ってのも知りました。

なかなか面白いです。

工場長

ひで

Author:ひで
ユニット式トレサスのオプティマス・プライムを相棒に戦う
三十路のミニヨンレーサーです。

ご意見・ご要望がありましたら
fujiwara_eng@yahoo.co.jp まで!

新しい報告書
目安箱
月別
書いてること
見た人
ブロとも一覧
お仲間
友達になってくれるかい?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。