スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイルダンパーの仕組み

こんばんは
藤原エンヂニアリングへようこそ。

今回の記事は・・・
いよいよオイルダンパーについてです。

↓まずはココをクリック!

ランキング参加してます。

ポチしてくれましたか?

では始めましょう!!



まずはサスペンションってなんぞや?


サスペンションというのは、衝撃を吸収するためのバネと、
そのスプリングの動きを抑制するためのショックアブソーバーから構成されています。

~wikiより~
乗り物のサスペンションのように、ばねなどの弾性体が弾性変形することで衝撃を吸収する機構においては、路面の起伏などによる衝撃を吸収した後に再び元の形あるいは元の位置に戻るが、このとき車体などの質量を持った物体には慣性が働いているため、元の位置を通り越して反対方向に再びばねを変形させる。こうした挙動が繰り返されることを「ばね質量系の周期振動」と呼ぶ。ショックアブソーバーは、ばね質量系の周期振動を収束するために使用される装置で、周期振動の収束を「減衰」と呼ぶ。ショックアブソーバーは変位(ストローク)する際に抵抗を発生し、運動エネルギーを熱に変換して減衰する。

つまり、バネだけだと衝撃は吸収できるけど、ビヨンビヨンと反発しちゃうんで
ショックアブソーバーにより、その反発を抑制しようってわけです。


ショックアブソーバーが付いていないサスマシンも見かけますが、
はっきりいって付ける付けないでは雲泥の差です。
苦労して作ったトレサスマシン、使ってみて「微妙・・・」と思った方はココがちゃんとできてないんじゃないかな?
バネだけだと反発→当然車体も路面から反発・・・ってなるんですよ。


んで。
トレサスをバリバリ使ってる方々はちゃんと対策してます。
タイヤゴムの切れ端を使って減衰したり、パワーバー内部にスラダングリス仕込んだり。

ただ、どうせ作るならカッコよくいきたいじゃないですか?
RCや実車のようなサスペンション。

けれども

~ミニ四駆公式協議会規則より~
追加部品はタミヤ製のミニ四駆、ラジ四駆、ダンガン用パーツのみ認められます。



つまり、ミニ四駆のパーツのみで構成しなければなりません。




・・・悩みましたよ。

そして開発に1年ちょいかかりました。





やればできるもんですね。

カタチと機能を両立させたサスペンション。



これの作り方も後ほど説明していきますが、今日は仕組みについて理解しましょう。



「RC風オイルダンパー」と呼んでました。

オイルダンパーというのは、シリンダーの中に安定した性質をもつオイルなどの流体を満たし、
流体抵抗によって減衰力を得るショックアブソーバーの事をいいます。


・・・ぶっちゃけ、ミニ四駆のパーツのみでコレは不可能です。
完全密閉のシリンダーは作れないこともないですが、ダンパーオイルってミニ四駆のパーツにないですから・・・
RC用のパーツにならあるんですがね・・・
潤滑剤として使うならアリかもしれませんが、ショックアブソーバーとしてはパーツ扱いになるんじゃないかな?
黒に近いグレーだと思ってます。


じゃあ、上の画像のはどうやって作った?ですよね。


正式名称は「フリクションダンパー」
仕組みはこうです。
オイルダンパーの仕組み

2mm中空シャフトに1.4mm中空シャフトを通し、粘性のあるスラダングリスの摩擦によって減衰力を得よう!
ってわけです。
オイル=油=グリス って事で「オイルダンパー」と呼んでました。


結構仕組みは単純でしょ?
「パワーバーにスラダングリスを仕込む方法」と一緒ですからね。


「ショックアブソーバー」の役割と大切さ、仕組み。
ちゃんと理解できましたか?


さて次回。
「RC風オイルダンパーの作り方」です!
お楽しみに!!



スポンサーサイト

MAトレサスの作り方

藤原エンヂニアリング工場長です。


さて、前回はユニット式トレサスのアームの作り方について説明しました。
あの説明で理解できたでしょうか?
・・・わかりづらかったですかね?
画像古いし、ざっくりだし・・・
ただ、注意するポイントはなんとなく理解できたでしょうか?


そうそう、先日はじめてYoutubeでトレサス製作動画を拝見しました。
丁寧でわかりやすいと思ったんですが・・・
なんかオイラのブログがダメ出しした感があるのですが・・・
申し訳ない気持ちもあるけど、間違った事は言ったつもりはないので
あくまでこっちは「藤原エンヂニアリング」流ってことで。


で、今まで説明したのは
  ・MSセンターの加工法
  ・ユニット式トレサスアームの作り方


これらを組み合わせて「ユニット式トレサス MSバージョン」が作れます。


今回は「MAシャーシの加工法」を説明します。
・・・が、オイラのMAトレサス。
ココで説明しましたが、リアのみのサスです。
理由についても説明済みです。


なので、今回説明する方法はリアのみ。
フロントに関しては応用するか、リクエストいただければそのうち書きます。
・・・だって、まだ作った事ないし、今はやってみようと思わないんだもん。


さて、はじめます。
手元にMAシャーシはございますか?

無加工のMAシャーシも準備しようと思ったんだけど・・・
他のパーツ買ったりなんだりで、結局買ってません。
なので加工後の写真です。






お手元のMAシャーシと見比べてみてください。

作り方としては、俗に言う「溝堀式」です。「貫通式」ではございません。

カウンター軸受けの溝を掘るときの注意点ですが
 「既設のカウンター軸受けには傷をつけない」
これが一番大事。
で、カウンター軸受けのサイド(溝を掘るところ)はカウンター軸受けよりほんの少しだけ深く削ります。
無理にカウンター軸受けと同じ高さにしようとする必要はありません。
同じ高さになったつもりでも、掘った方が0.01mm高いだけで軸がズレてしまいます。
なので、既設軸受けよりも深く掘る。これも大事ですよ。


上の画像の赤い線の部分。
ココがサスアームの接触部分(まっすぐ動かすためのガイド)になるので
ここも削らないように気をつけてください。

軸ができたら、あとは要らない部分を切り取りましょう。
ギア周りがすっきりするはずです。

しかし、このままでは強度がガッツリ落ちてしまいます。
なので、オイラは裏からこんな補強をしました。


補強の仕方はこの方法じゃなくてもかまいません。
要はサスアームが入ればいいので。


そうそう、サスアームですがMAシャーシに入れる場合
若干加工が必要になります。


サスアーム下部が「ユニット式トレサス」のアームだと干渉してしまうので削らなければなりません。


では、シャーシにサスアームをつけてみましょう。


このとき、サスアームがガタつくか確認してみましょう。
「カウンター軸に傷をつけない」をちゃんと守っていれば大丈夫なはず。


うまくできたら、次はカバーの加工です。


これもノーマルギアカバーと見比べてみてください。
カウンターギアのカバー部分を写真のように切り取るだけで大丈夫だったはず。



加工ができたらシャーシにカバーをつけましょう。


この状態でサスアームがガタつくか、稼動域はバッチリか?を確認しましょう。


それらが出来たら、モーターを入れ電池を入れてスイッチオン!!

ちゃんと動きますか?
アームを動かしても音変わりませんか?
変な音しませんか?


さて次はいよいよ「サスペンション」
ここで教えるのは・・・

おまちかね「オイルダンパーの作り方」


お楽しみに!!

・・・の前に
ランキングに協力お願いします!!

人気ブログランキングへ

ユニット式トレサス サスアームを作ろう!

ちゃんと前の記事読んできましたか?

まだの人はちょっと目を通してみてもいいよ。
そんでポチしてない人は・・・

人気ブログランキングへ


準備はいいですか?


では始めましょう。
作るための材料はココに書いてます。手抜きとか言うんじゃないw

まずはアームの切り出し。

・・・ボヤけてるけど気にしないで。

上が加工品。下が加工前。
1がフロント側の穴
2が車軸になる穴
3がカウンター軸穴


次に車軸穴にベアリング受け部を取り付けます。
ベア受け部はMSシャーシのN-01,02 T-01から切り出します。
04ユニットの軸部分を使う方、もしくは使ったほうがいいと説明する方いらっしゃいますが、
04ユニットの軸部分の背面(接着面)はナナメになっています。
技術に自信がある人はうまく出来るでしょうが、01,02ユニットから切り出したほうが間違いないです。
オイラは04ユニットはおススメしません。

着け方ですが、これは完全に目視!
治具使ったほうが・・・と思うかもしれませんが、目視のほうが確実だったりします。


CAM00417.jpg

・・・色も違うけど気にするな。
今回の説明のために新規に作ってません。
過去の画像とかをひっぱりだしたり、ジャンクパーツから漁ってきたためにこうなっております。

画像は接着して、FRPプレート側の穴を広げてます。
貼り付けたベア受けの穴(小さいほう)に合わせて広げましょう。


あ、そうそう。
この車軸部分。FRPの穴を広げて520ベアリングを埋め込む人もいます。
これは熟練者でないと難しいです。慣れない人はやっちゃいけません。確実に精度の悪いものができます。



次は左右のアームをつなげます。
CAM00418.jpg

画像はMAシャーシサイズ。
ナット1つにロングナット(2種類ありますが長いほう)を写真のように取り付けます。
MSシャーシサイズはロングナットだけでよいです。


左右のアームの位置がズレてないか確かめるために、
CAM00419.jpg

620ベアリングをはめてシャフトを通してみましょう。
スムーズに入りますか?
回してみてスムーズに回りますか?
ナット部は平行になってますか?
簡単に調整する方法として、画像のアームの青ナットの上あたりの部分。
平らになってますよね?
そこを平らな部分に押し付けつつ、ビス調整するといいでしょう。




調整がうまくできたら、左右のアームをFRPプレートでくっつけて固定します。

CAM00421.jpg

直プレートの真ん中部分を使います。


このようになります。
CAM00423.jpg

プレートは裏の部分からFRPの粉を使い、がっちり固定しましょう。
ちなみにベア受けの上の部分。ココは要りません。ここまでできたら削っても構いません。



次はカウンター軸です。

ここも色々方法がありますが、ビスやローラー用の両ねじを使う方いらっしゃいますが、NGです。
細すぎるんです。ビスはギザギザでFRPの軸穴が削れてしまうので問題外です。

私がおススメするのはモーターピン。
太さがいいんです。軸穴にちょっときついぐらいで入るのでガタが出ません。
が、若干太いためカウンターギアや520ベア(ギアに仕込むやつ)がきつくてスムーズに回りません。


そこで・・・
CAM00426.jpg
このようにリューターを使い、ギアが入る部分を削ります。
ペーパーで削れるの?と思うかもしれませんが、コレでうまく加工できるんですよ。
ギアとベアリングがスムーズに通るくらいにしましょう。やりすぎないように。


ここまで出来たらモーターピンを切断します。
リューターではなく、ペンチで切りましょう。
普通にホームセンターで売ってるペンチとかで切断できます。
切断面は尖った部分だけ軽く削ります。丁寧にやらないでください。
切断面がストッパーになるんです。


129569090.jpg


あとは画像のように組み立てましょう。
モーターピン切断面の反対側は適当なものでストッパーを作ります。
大きいのはだめです。
おススメは「タミヤ 15399 GP.399 MSシャーシ マルチブレーキセット」に入っている小さいゴムチューブ。
なければモーターピンについてる金色のワッシャー?も使えます。


これを最低2個作ります。
なぜ最低2個?って思いますよね。

これが「ユニット式トレサス」

今回説明したのが「ギアユニットの作り方」
これをギア比ごとに作っておくことにより、セッティング変更時は丸ごと交換可能!



応用編として
CAM00427.jpg

カーボンアーム。


さらにナナメ上いくと・・・
107170236.jpg


ボールデフギアユニット。
・・・まあ、レースでは無意味ですがねw



古い画像やわかりづらい部分ありますが、以上が「ユニット式トレサス」のサスアーム(ギアユニット)の作り方です。

わからないとこあれば、コメント欄で受け付けます。
遠慮なく聞いてください。
見づらいから修正しろ!とかの苦情は受け付けませんw

トレサスのアームについて 独断と偏見で書きました。

さて、今日はトレサスのアーム編です。


トレサスのアームは現在確認できているので3種類。

1つ目はL字型アーム。トレサスを開発した人が作ったやつで、一番ポピュラーなアームです。
2つ目はローラーワイドマウントorFRPサブプレートを使ったやつ。
    ダブルサスペンション式?でよいのかな。アバンテとかのボディを載せれるやつ。
3つ目はユニット式のアーム。まあ、私が作ったやつですね。


折角なので、各アームについて私なりの見解を。

L字型アーム:サスペンションが機能的に動く、イイ形だと思います。
       ですが気になるところが1点。
       これは作り方によるのですが、左右のアームを固定するビスがサスペンション可動部と兼用のため
       がっちり固定できていない(固定するとサス可動部も固定される為)ので、ビスが緩むとアームが
       ガタついてしまう。
       ガタつく=駆動効率が落ちる。これは致命的だと思います。
       中にはそのガタによってショック吸収うんぬんとかいう方もいらっしゃいましたが・・・
       「着地する瞬間よりも平面走ってる時間のほうが長い」んですよ?
       それにショック吸収させるのはアームの仕事じゃないんです。
       これを改善した方法で作れば理想的なアームだと思います。

ダブルサス式:どこかのブログで作り方紹介してたのがはじまりだったと思います。
       そこではアルミプレート使ってましたが・・・
       ちょっとまて。
       加工が大変な上に重い、ゆがむのでこれはNG。
       FRPプレートのタイプで作っている方も沢山いますね。
       ヤフオクで出回ってるタイプも殆どコレだったはずです。
       やはり・・・他のアームに比べて大きいので重いですね・・・
       しかし大きな問題はサスペンションの取り付け位置。
       アーム先端部の取り付け位置はいいとして、車体側。ここがよくないです。
       
       ・・・きったねえ絵だけどきにするな。

       軸、サス上下部を3角で結ぶのが理想的で、
       この角度によってサスペンション&アームの仕事具合が決まります。
       ダブルサス式だとサス上部とアーム軸が近すぎるんですよ。
       もちろん解決方法もあり、実際レースで使われてる方々はちゃんと対策してるようです。
       一番のメリットはカッコよくボディが載せれるところですかね?

ユニット式  :かなりマイナーなアームです。使ってる人は開発者の私と知人くらい?
       3種類のアームの中で最軽量だと思います。金属パーツも殆ど使わないですから。
       私がコレで色々やってるからなのか、拡張性も高かったりします。
       零式サスユニット(サスが縮む動作をしない)というのや
       リニアサス(バネを使わない)はこのアームじゃないと作れません。多分。
       開発者本人がこの文章書いてるから都合のイイ事ばかり書いてるんじゃね?とも思われてそう。
       欠点もありますよ。
       ボディが載せづらい・・・
       人によっては致命的かもしれませんね。


以上がトレサスアームの紹介です。
若干「藤原エンヂニアリング」の偏見が入ってるかもしれませんが勘弁。


では次の記事。
いよいよ「ユニット式サスアーム」の作り方です。

・・・に行く前にポチお願いします。

人気ブログランキングへ

つぶやき・・・

ユニット式MAの作り方、どうやって説明するかなあ・・・とマシンを眺めてました。


オイラ、手動かすよりも考えてる時間や眺めてる時間のほうが長くてですね、
いざ手動かし始めるとサッと作ってしまうんですが・・・


・・・なもんだから「Before」の画像とかないんですよね。
作り方とかブログで書いてくれてる方々って、作りながら丁寧に写真撮ってるじゃないですか?


レシピを書かない料理人みたいなもんですな・・・
他人に説明するときに困る・・・


MA、もう一個買ってくるかなあ・・・


人気ブログランキングへ


サス初心者、必読!

どうも。
藤原エンヂニアリング、工場長です。

ブログランキング、いつのまにか2位になってました。ビックリ!
ランキングに協力してくれてどうもありがとうございますm(_ _)m
これからも当ブログをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


んで。
サスマシンの作り方に入りたいとこですが・・・
現在仕事のほうが忙しく、29日まで休みがない状態です。
なので詳しい説明はしばしお待ちください・・・


今日はサス初心者さんへ読んでもらいたい事がございまして・・・
ランキングでも上位に食い込むことができたので、これは言いたかった事が言えるチャンス!
知名度が高くなれば、より多くの人の目にふれるよね。



まあ、以前も書いたことなんですけど(過去記事参照)
サスマシン、オークション等で高値取引されてますよね?
買う人ってサスマシンに興味もった初心者さんだと思います。
その方たちに言いたい。
「買っちゃいかん!」

今年からタミヤの公式レギュにも追加されましたが、
 「競技車は選手が自分で組み立てたものに限ります。」
まず、コレに引っかかりますよね? ・・・まあ、ぶっちゃけバレはしないだろうけど。


サスマシンって作るのもそうですが、維持するのが難しいんです。
作ることができなければ、まず維持できません。無理。

それに、サスマシン作るにあたって一番大事なのは「精度」  ・・・いやサスマシンに限らんけど。


赤の他人が「コレ、セイドバッチリ。ダイジョブヨ」
なんて言ったの信じてはいけない。
サス作るためにギア軸を貫通とかさせるけど、
あそこって0.1mmでも狂えば、ゴミクズですからね。

たまにこう言う人います。、
「ギア周り、ノーマルより若干劣るけど、上出来!」

その方に申し訳ないが
「ノーマル以下ならただのゴミ、改造する意味なし」
って、オイラは思います。


そういう肝心な部分を赤の他人に任せちゃダメって事。
ましてや大金払って買うもんじゃない。

そんなゴミマシンに大金払えるんなら、リューター買いなさい。
そっちのほうが全然安いから。
あとは自分でチャレンジ!!


コレ見て「よし!自分の力で頑張ってみよう!!」って思う人には
藤原エンヂニアリング、微力ながらサポートさせていただきます。


できるだけ早く製作過程に入ります。もうしばしお待ちください。

あ、もし聞きたい事や言いたい事、気になる事でもあれば遠慮なくコメント欄に書いてくださいな。

多分ちゃんと答えます。





…しかし、過去記事見直して思ったけど
画像のアバンテ、カッコ良かったなぁ…
バラすんじゃなかったと後悔 orz

ユニット式トレサスverMAのしくみ

さあて、今まで放置してた分いっきにいきますよw

前回記事で紹介した「ユニット式トレサスverMA」
これの仕組みについて説明します。

まずは全体図。
CAM00392.jpg

あれれ?
「トレサスとか言っておきながらリアしかサスついてないじゃんw」
って思ったあなた。

そうです。これはリアのみサスです。
フロント未完成ってわけではありません。

トレサスのデメリットの一つが「スラスト変化」
フロントにサスがついていると、走行中に負荷がかかるとフロントがボトムしてしまうんです。
コーナーリング中ですとフロントがボトムした場合、ローラーのスラスト角も変わってしまいスピードロスになります。
それにフロントにブレーキが地上高1mmで付いていた場合、ブレーキがかかってしまいます。

着地だけ考えればフロントにもサスがあったほうがよいかもしれません。

が、よく考えてください。

スロープで飛んで着地する瞬間よりも、コースを走ってる時間のほうが長いんです。

それと、上記の事を解決するために「マイナスストローク(縮む)がないサス」ってのを作りました。
詳しくは機会があれば書きますが、フロントにそれ、リアにトレサスという装備でJC2012秋田大会に参加しました。
結果は2次予選敗退でしたが、なかなか素敵な走りをしてくれたんです。
が、このフロントにも欠陥があり、結局はフロント固定、リアにトレサスに落ち着きました。

で、フロントがノンサスとなった場合のメリットとして
スラスト変化がおきない。
サスに車高調整機能つける必要がない。(自分のはごっつい車高調ついてました)
↑なので軽くなるです。




話それましたね。

では仕組みを説明するためバラしてみましょう。
CAM00394.jpg

ぅうわ、ボヤけてる・・・

まずは電池カバーを外し、ダンパーのパワーバーを外します。


CAM00395.jpg

次にギアカバーをスライドさせ、外します。
この手順はMAシャーシを組んだことある方ならわかりますね?
ノーマルと一緒です。


CAM00397.jpg

ハイ!
サスアームが外れました。
ビス、1本も外してません。なんて楽チンなんでしょうww


CAM00400.jpg

これが「ユニット式トレサス」の特徴の一つであるサスアーム。
トレサスのアームにも種類がありますが、多分最軽量。
そういや、ブログ放置する前はこのアームの作り方説明に入るとこだったんですよね。
アームについても別の記事で説明します。



CAM00402.jpg

お待たせしました。
これが最大の特徴である「ミニ四駆用オイルダンパー」
左が新型でアルミパーツを使ったやつ。
右が去年から使っているツインショック。


これの作り方は秘密にしようと思ってました。
以前「ミニヨンクラブ」というSNSでプロトタイプの作り方書いたことあったんですが・・・
似たような仕組みのやつをつけたトレサスマシンを「業界初!」とかいってオクで売ってるの見たんです。
パクったのかどうかわかりませんけど、あんまり気分よくないですよね・・・
コレ作るまでに結構苦労しましたから・・・

けど、知りたい!って方もいらっしゃったのと、ブログで完全公開しちゃえば「業界初!」とか言えなくなるんじゃね?
と、思ったんです。


なので、これも近日公開予定!!
最新型のアルミタイプをもう一本作りながら紹介します。
乞うご期待!!!!


・・・とか言いながら放置しないよう気をつけます.

↓モチベupのためにも、ポチお願いします!

人気ブログランキングへ

ユニット式トレサスverMA

「ユニット式トレサス」
聞いた事ありますでしょうか?

以前の記事で紹介したことありましたね。
ミニ四駆でサスマシンと呼ばれるものには三種類あります。

「トレーリング式(トレサス)」「内蔵サス」「四独サス」

ここで紹介するのは「トレーリング式」をベースに自分流に改造したものです。
はじめて作った頃「ミニヨンクラブ」というSNSで紹介しましたが
サスマシンに詳しい方に「これは見たことがない」と言われたので多分このタイプはオリジナル・・・なはず。


で、以前はMSシャーシをベースに作っていましたが、今年発売された新シャーシ「MAシャーシ」
130513.jpg

これをベースに新しく作り直しました。
CAM00387.jpg


これが私の新しい相棒です。
あ、ボディは現在製作中ですよ。

詳しい解説は次の記事でw

ランキング登録しました。よろしくですm(_ _)m

人気ブログランキングへ

大変ご無沙汰しておりました

藤原エンヂニアリング、大変長らく放置しておりました。
仕事忙しいのもあったりなんなりで、まあ若干・・・めんどくさくw

「ミニ四駆ちゃんねる」というSNSにはちょこちょこ記事書いてましたがね。

で、なが~く放置してたもんだから当然パスワードや登録メールアドレス忘れてるはで・・・


ごめんなさい。



ながく放置してる間にマシンやパーツも新しいのがどんどん出てきました。
おかげさまで自分のマシンも以前より格段に進化しました。

次の記事から書いていきたいと思います 。

ランキング登録しました。
工場長

ひで

Author:ひで
ユニット式トレサスのオプティマス・プライムを相棒に戦う
三十路のミニヨンレーサーです。

ご意見・ご要望がありましたら
fujiwara_eng@yahoo.co.jp まで!

新しい報告書
目安箱
月別
書いてること
見た人
ブロとも一覧
お仲間
友達になってくれるかい?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。